伊藤惠子

 

 
昔、家で飼っていた九官鳥に「け子ちゃん」と呼ばれ、今は少し昇格して「け子さん」になりました

①住んでいる地域
 育ちは藤沢の江ノ島の近くで、今は茅ヶ崎です。 

②コーチングを学び始めたきっかけ 
 2003年に講談社新書の「コーチングの技術」菅原裕子著を読んで、「コーチング」を始めて知りました。そのとき、私が仕事でやっていたのは、コーチングだったんだ!と気づきました。外国人に対する日本語教育に携わって30年になりますが、15年前から現在の外交官を対象とした機関でほとんどマンツーマンで教えるようになり、そこで大切なのがカウンセリングと呼んでいた部分でした。今思えば、その部分はコーチングだったんだと気づきました。それから、本などを読んだりして2006年にもっと集中して学びたいとCTPを受け始めました。 

③コーチングに対して思うこと
 人生二つ目の出会いです。学生のころ、自分のアイデンティティ探しが始まり、運よくそれを仕事にすることができ、今までずっと外国の人が日本語を習得していく過程に寄り添うことで「日本人である私」とは、何か?という問いを追いかけてきたように思います。そして数年前にコーチングに出会いました。そのときは気づかなかったのですが、最近私は、これまでお金をいただいて「自分探し」をさせてもらって私が得たものを今度はお返しをしたい、と思うようになりました。コーチングとの出会いはその手段を私に教えてくれました。 

④コーチングをどこの機関で学んだのか(学んでいない方はブランクで)
 2006年からCTPで学んでいます。2年とちょっと経ちました。Kは終わり、Sクラスが残っています。今から学びたいものが山ほどありますが一歩づつ進んでいきたいと思います。  

⑤特技(他の会員に自慢したいこと)
 恥ずかしながら「笑顔」v(^-^)v    

⑥趣味
 気功太極拳(実は始めたときはまだ合気道か、空手か、弓道をやりたいなと思っていたのですが、メガネをかけているので(!?)理由になるのかわかりませんが (?_?)  将来はいずれは年をとるのだから!?と始めましたが、結果はよる年波、活用しています♪ ゴスペル ヤマハのクラスのメンバーとドライアーモンドというグループ名でぼちぼち歌っています♪このクラスは20歳から65歳と幅の広い年齢層に支えられています。動物と「コミュニケーション」すること最近特に散歩中の犬のことをなにげなく考えていると犬が私の顔を必ず見るのです!??そして、このところ、猫も同様なことが、起こっています。鳥とも…..?! でも波動のようなものを確かに感じるのですがf^_^;  scrpqmz………..!!!??? ちなみに我が家族には10歳になる犬がいます。彼はラブラドルレトリーバのオスです。彼は庭向こうのおばあちゃんと住んでいます。

⑦自己PR (自身のHPを持っている方はここで紹介可能)
 今年の8月にコーチとして小さい一歩を踏み出しました。日本語教師として私は、日本語を長い時間かけて習得しようとする人により添い、その人の登頂を100%サポートするプロの「シェルパ」でありたいと思っていますが、コーチとしても同様に頂上をめざしている人の「シェルパ」でありたいと思います。 「子供たちが将来に希望の持てる社会」であってほしい!その実現のためにこれからの人生をコーチとして寄与したい、と心から思っています。

⑧落合家から一言
 いつもそばにいて笑顔でその場を暖めてくれる人です。また自ら疑問を解決しようと行動を起こせる人です。
エビナから一言
 相手の立場を考え、行動の裏側の心理を読取り、優しくフォローされる気配り・思いやりの人。他所の子にも優しいお母さんタイプ。相手に解るように言葉を選ぶ、日本語のプロ。




Comments