森 公平

 


 

①住んでいる地域  川崎市麻生区

②コーチングを学び始めたきっかけ  会社で人材育成を担当し、多くの後輩と面談をしています。JCAKのコーチング基礎講座に参加して、コーチングの要素を面談にとりいれると後輩たちの成長に役立つことを確信し、コーチングを学び始めました。

③コーチングに対して思うこと  人をいきいきと輝かせることができる素晴らしいコミュニケーションだと思います。コーチングを行うには、自分自身がいきいきとしていることが前提となるので、コーチングは私の生き方も 前向きにしてくれています。

④コーチングをどこの機関で学んだのか  CTPで学んでいます。

⑤特技(他の会員に自慢したいこと)  年間約250 時間の面談を行っています。全ての面談がコーチングの場ではありませんが、今は学んだことを実践する場があるので、インプットすることに貪欲です。

⑥趣味  Jポップが好きで良く聞きます。また、麻生区の残された自然を夫婦で歩いて巡っています。

⑦自己PR これまで 6つの県、15の部署で沢山の仲間と多様な仕事を伴にしてきました。 チャレンジの連続でしたが、振り返ると同僚や取引先の皆さんの笑顔を思い出すことができます。一人一人の個性を活かし伸ばしながら、チームの目標達成に取組みました。 多くの人達への感謝の気持ちを今は後輩たちに向け、成長を応援していま8す。

⑧阿部さんからの一言 人当たりが良く、実務能力も高く、責任感があり、どんな役割もこなせる器用さも持ち合わせているオールマイティなタイプ。JCAKの5年後、10年後の発展を支えてくれることを期待しています。






Comments